『恵みにより愛を知る』

 人生の中に色々な場面があります。最悪の状況の中で最悪の選択をするなら、それこそ最悪な毎日になってしまう事でしょう。ですから、簡単な事ではありませんが、置かれた状況はどうあれ、感覚的に反応してはいけないと感じます。人生の最も最高であるはずの日が最悪と変わった時、あなたなら、どのような行動をするでしょう。

 米カリフォルニア州で、花嫁になるはずだったデュエイン・クインさんは、予定していた結婚式を、直前になって婚約者にキャンセルされました。約420万円かけた結婚式の手付金は既に支払い済みで、クインさんと母のカリさんは、結婚式を中止して食事を無駄にする代わりに、ホームレスの人たちに食事を楽しんでもらう事にしました。

招かれた人たちは、披露宴の招待客120人のために用意された高級レストランのフルコースを楽しみ、ある5人の子どもたちに十分な食事を食べさせようと毎日苦労している夫婦は、「自分にとってとても大切なものを失いながら、それを人にあげられるなんて、素晴らしい思いやり」と感謝の言葉を口にしました。最悪の中で最高の行動をしたクインさんには是非とも幸せになって欲しいものですね。

招かれたホームレスの人たちにとって、クインさんの最悪が最高の機会となりました。しかし、恵みとはこうした誰かの痛みによって受ける事ができると感じます。それは、「誰かが代価を払ってくれた」からこそ、恵みとして受け取る事ができるからです。

世の中では、「タダより高いモノはない」と言われますが、誰かが払った代価を別の形で後で高く求められる事を知っているからタダのモノに対して警戒をしますが、恵みの場合には、後で請求されるようなモノではなく、与える側の好意により得る事ができるのです。

 イエス様の恵みによる救いも私たちにかかっているのではありません。また、後から代金を請求される事もありません。しかし、その恵みは何にも代えがたい最高のプレゼントです。その恵みを受け取る事は、与える側の好意に甘えるだけでしかありません。ですから、「恵み」という言葉は、ギリシャ語で「カリス」と言いますが、その意味は、(神様からの)恩恵、好意、親切を表しています。

つまり、恵みを受け取るために信じて受け取る必要があります。だからこそ、与えてくれる神様の愛や優しさ、思いやり、ご性質を知る事ができるのではないでしょうか。イエス様はどれほど良い方でしょう、どれだけ愛に溢れた方でしょう。そして、あなたへの愛を持っておられる事でしょう。あなたは、恵みにより神様の愛を知る事ができます。イエス様を信じて恵みにより、知る事ができるのです。ハレルヤ!!

〈ローマ3:23〜24〉
「すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受ける事ができず、
ただ、神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖いの故に、価なしに義と認められるのです。』

FacebookTwitterGoogle+
Posted in 多治見の花嫁.